MINI ハッチバック 次期型、2種類のターボエンジン搭載…2.0リットルは192ps

自動車 ニューモデル 新型車

次期MINIハッチバックの2.0リットル直列4気筒ターボエンジン
  • 次期MINIハッチバックの2.0リットル直列4気筒ターボエンジン
BMWグループのMINIは9月30日、次期MINIハッチバックに関して、搭載エンジンを先行公開した。

次期MINIハッチバックには、新開発エンジンを搭載。ガソリンエンジンの注目は、新世代のモジュラーユニットの採用にある。2.0リットルの直列4気筒と、これから1気筒削った1.5リットルの直列3気筒の2種類。両者は、BMWの「ツインパワー」と呼ばれる直噴ターボ技術を導入。BMWのバルブトロニックも採用し、パフォーマンスと環境性能を追求している。

直噴1.5リットル直列3気筒ターボのスペックは、最大出力が136ps。最大トルクは22.4kgmを1250rpmの低回転域で引き出す。オーバーブーストモードでは、最大トルクは23.5kgmに向上する。

直噴2.0リットル直列4気筒ターボは、最大出力192ps。28.5kgmの最大トルクは1250rpmで発生する。オーバーブーストモードでは、最大トルクは30.6kgmにアップ。両エンジンともに、欧州のユーロ6の排出ガス基準を満たす。

なお次期MINIハッチバックは11月18日、公式発表を予定している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集