ハーレー、インド国内での成長率2桁台に

エマージング・マーケット インド・南アジア

インド国内で自動車や二輪メーカーの売り上げが軒並み低下している中、ハーレー・ダビッドソンは2009年にインド市場に進出して以来順調に売り上げを伸ばしているという。

インド社代表アヌープ・プラカシュ氏によると、成長率は2桁台の高い数字を保っている。

デリー随一のバサントクンジ高級モールに店舗も構えており、今後は新しくジャイプルとプネーにもディーラーを設ける予定。

ルピー安の影響でメーカーが販売価格を続々と上げているが、ハーレー・ダビッドソンは販売価格を上げる予定はないと発表している。
編集部

編集部おすすめのニュース

特集