【JNCC 第6戦】シリーズ初の糸魚川、タフなレースを制したのは渡辺学

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

JNCC 第6戦 糸魚川
  • JNCC 第6戦 糸魚川
  • JNCC 第6戦 糸魚川
  • JNCC 第6戦 糸魚川
  • JNCC 第6戦 糸魚川
  • JNCC 第6戦 糸魚川
  • JNCC 第6戦 糸魚川
  • JNCC 第6戦 糸魚川
  • JNCC 第6戦 糸魚川
全日本クロスカントリー選手権(JNCC) は、毎年なんらかの新しいフィールドを開拓することで、新鮮な楽しみをライダー達に提案してきた経緯がある。今戦6戦目(9月29日)は、まさに今年の一つの目玉でJNCC初のコース、新潟県シーサイドバレー糸魚川であった。

スキー場をベースとし、高低差の激しさがまるで空中レースのようなイメージを演出してくれる。

スキー場には珍しく、路面はハード。ある程度路面やスピードへの慣れが必要とされること、そして9月末とは思えない暑さでタフな1日となった。

ホールショットは西森裕一だったが、オープニングラップで矢野和都がトップへ。2周目には渡辺学がこれをパスするもの、2回の転倒で5番手へ転落。その隙に鈴木健二がトップを奪取する。

渡辺は持ち前のスピードで鈴木を追い詰める。給油タイミングなどでリードの変化がありつつも、次第に二人は距離を狭め、後半はまさにせめぎ合い。ラスト1周、いや、ゴールの直前まで抜きつ抜かれつの攻防。レースを制したのは渡辺であった。

前戦より乗り換えた『YZ250F』は、ライバルたちよりも1クラス下の排気量であり、この糸魚川ではパワー差が顕著。ハイスピードでほとんどが5速全開、上りの長さは20秒程度5速を維持するような強烈なものだったが、それでも渡辺は苦戦しながらも優勝を手にすることができた。3位は、ニューモデルの『KTM350EXC-F』に乗り換えた矢野和都だった。
《稲垣 正倫》

編集部おすすめのニュース

特集