【メルセデスベンツ G 350 ブルーテック 発売】実売価格以上に高価という感覚を払拭

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
  • メルセデスベンツ・G 350 ブルーテック
メルセデス・ベンツ日本の「G350ブルーテック」は、新規ユーザー獲得という使命を帯びて導入されたクルマだ。

新規ユーザーについて、同社商品企画・マーケティング部の江上浩史さんは、「『Gクラス』に憧れてはいるものの、(金額的に)手が出ない。あるいは、左ハンドルだから乗りづらいというユーザー」だという。

江上さんは、「Gクラスの中古車は非常に需要が高く、その理由は長年デザインが変わらずに、愛されるようなモデルだから」と述べる。従って、「1000万円を切るエントリーモデルを用意することで、これまで手の届かなかったユーザーに、新型モデルを購入してもらえるのではないか」と話す。

同社企業広報課の松浦友香さんは、Gクラスに限らず、メルセデス・ベンツ日本の新規ユーザー獲得のための価格戦略を挙げ、「(メルセデスベンツは)実際の価格よりもさらに上の値段だろうと思い込んでいるユーザーが多数いる。そこで、値下げではなく、よりお求めやすいエントリーモデルを設定することで、ショッピングリストに載せてもらうように、全車種で展開しています。その結果、これまでメルセデスベンツは絶対に手が届かないと思い込んでいた新規ユーザーにも(実際の価格を知ることで)検討してもらえるのでは」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集