日産 NV200ニューヨーク市タクシー の量産仕様車を日本初公開

自動車 ニューモデル 新型車

日産・NV200ニューヨーク市タクシー
  • 日産・NV200ニューヨーク市タクシー
日産自動車は、10月末よりニューヨークにて、次世代イエローキャブとしての稼働を開始する『NV200ニューヨーク市タクシー』の量産仕様車を日本国内で初公開する。

展示するのは、松屋銀座本店の1階特設広場。NV200ニューヨーク市タクシーは、同百貨店が10月9日より開始するフェア「ニューヨークウィーク」に連動させ、同日より15日までの1週間、同店が新規導入するニューヨークのファッションブランドとともに、公開される。

NV200ニューヨーク市タクシーの現地での稼働開始時期と、松屋銀座のニューヨーク関連新規ブランドの導入時期が重なったことから、今回の異業種間での連携が実現した。

小型商用車『NV200』は、ニューヨーク市による2年以上におよぶ厳しい選考過程を経て、世界中の競合車の中から、2011年5月に、次世代のニューヨーク市タクシーとして選定された。以降、ニューヨークモーターショーをはじめとする世界各地のモーターショーや、横浜にある日産のグローバル本社などで、そのコンセプトモデルの公開を行ってきた。

米国現地では、今秋の稼働開始に向け、ニューヨーク市やタクシー会社、ドライバー、利用客などとの継続的な議論、および、それに基づく商品の改善を行い、来月10月末に現地で発売する。なお、車両の生産は、メキシコの同社クエルナバカ工場にて、8月より開始している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集