【メルセデスベンツ G 350 ブルーテック 発売】Gクラスのプライスボーダーに革新…1000万円切る

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ G 350 BlueTEC 発表会
  • メルセデスベンツ G 350 BlueTEC 発表会
  • メルセデスベンツ G 350 BlueTEC
  • メルセデスベンツ G 350 BlueTEC
  • メルセデスベンツ G 350 BlueTEC
  • メルセデスベンツ G 350 BlueTEC
  • メルセデスベンツ G 350 BlueTEC
  • メルセデスベンツ G 350 BlueTEC
  • メルセデスベンツ G 350 BlueTEC
メルセデス・ベンツ日本は『Gクラス』にクリーンディーゼルエンジンを搭載した「G 350 ブルーテック」を発表した。

3リットルのV型6気筒ブルーテックエンジンは最高出力211ps、最大トルク540Nmを発生しながらも、8.9km/リットルの燃費を実現。既存のGクラスには設定のなかった右ハンドルを採用し、ミリ波レーダーによる安全運転支援システムも搭載する。価格は989万円で、Gクラスのエントリーモデルに位置づけられるという。

商品企画・マーケティング部マネージャーの嶋田智美さんは、「Gクラスは根強い人気もありコンペティターも少ないので、これまでのお客様を大事にしつつ、Gクラスの中古車や並行輸入車、他社のSUVを購入されていた方を新たなターゲットにしている。また、エントリーモデルではあるが装備を簡素化しているわけではないので、ディーゼルにこだわりのある方や、V8のガソリンエンジン以外を検討していた方のショッピングリストにも入ることができると考えている」と述べた。

更に「『Cクラス』なら400万円、『Aクラス』なら300万円といったようにプライスボーダーは存在していると思う。今までGは1300万円以上の価格設定だったが、1000万を切ったことにより大幅にボーダーを下げることができた」(嶋田さん)と話す。

先日のフランクフルトモーターショーでは小型SUV『GLA』を公開したメルセデス・ベンツ。嶋田さんは「メルセデスにはGを始めとしたSUVの歴史があるが、知名度の低いモデルも存在する。ラインアップ拡充をはかり、高価格やサイズの問題で踏みとどまっていた方にも目を向けてもらいたい」と語った。
《吉田 瑶子》

編集部おすすめのニュース

特集