カザフスタンの傲慢ドライバー、注意散漫が招いた結末[動画]

自動車 社会 社会

カザフスタンから、因果応報ともいえるドライバーの映像が届いた。その様子は、動画共有サイトで公開されている。

この映像は9月21日、カザフスタン共和国南東部のアルマトイ市街地で撮影されたもの。旧型トヨタ『カムリ』に乗るドライバーが、赤信号にもかかわらず交差点に進入。青信号に切り替わって発進したSUVと接触しそうになる。

ところが、このドライバー、「悪いのは自分じゃない」とばかりに、SUVのドライバーを睨みつけ、相手を侮辱する「中指」ポーズ。

しかしこのドライバー、興奮したためか、自分の車の位置をよく見ていなかったもよう。そこは、路面電車の軌道内。走行してきた路面電車と…、という結末を披露している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集