ボルグワーナー、ポルトガルに新工場建設…クリーンディーゼルの需要増に対応

自動車 ビジネス 企業動向

ボルグワーナーのEGRシステム
  • ボルグワーナーのEGRシステム
米国の大手自動車部品メーカー、ボルグワーナーは9月17日、ポルトガルに新工場を建設すると発表した。

ボルグワーナーは、自動車用ターボチャージャー製造の大手として知られる存在。また、排出ガスをクリーンにする技術でも世界をリードしている。

今回、建設が決まったポルトガル新工場は、欧州で需要の高いディーゼルエンジン用のEGR(排気ガス再循環装置)の生産拠点。EGRは排気の一部を吸気系に戻し、混合気が燃焼する時の最高温度を低くすることで、有害物質のNOxの生成を抑えるシステム。

すでにポルトガル工場の建設は2013年8月から開始されており、2014年に完成する予定。同社はEGRの世界需要に関して、2013年の2120万基から、2018年には3330万基へと、約6割増えると見込む。

ボルグワーナーのブラッディ・エリクソン社長は、「ポルトガルへの投資は、欧州におけるEGR技術の主導的地位を強固にするために行うもの。EGR搭載車の需要増にも応えていく」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集