エアバス、航空機のトレンドは「より大きく効率の良く」

航空 企業動向

エアバスA350とA380
  • エアバスA350とA380
  • エアバスA330とA350
  • エアバスのワイドボディー系列であるA330とA350、A380
エアバスは9月24日、同社の世界市場予測が今後20年間に、世界の商用航空輸送が航空産業を大型ワイドボディーで運用効率の良い航空機となり、それらは販売価値の大部分を占めるという予測を立てた。

この日、ロンドンの記者会見で発表された2013-2032年の世界市場予測は、エアバスのA350 XWBやA330、そしてとても大きなA380が、約4兆4000億ドルの合計販売価値の約60%を占めるものと予想している。

過去20年間に航空機の平均的な大きさは、世界中でおよそ25%増加し、このトレンドは航空交通の成長と、特に空港における航空機の動きの制約が原因となり、次の20年間も続くこととなるとエアバスの顧客部門のCOOであるジョン・リーヒー氏は会見において説明した。

エアバスの最新の世界市場予測によれば、より大きな航空機の購入は、航空会社にさらなる乗客を運ぶことを可能にするだけでなく、燃料の燃焼と座席におけるコストを減少させることになるとしている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース