スズキ、海外向け二輪モデル V-Strom 1000 などを発表

モーターサイクル 新型車

スズキ・V-Strom 1000 ABS
  • スズキ・V-Strom 1000 ABS
  • スズキ・バーグマン200
スズキは9月21・22日、ル・マン24時間耐久レースで知られる、仏・ブガッティサーキットで、海外向け二輪車の2014年新モデル『V-Strom 1000 ABS』『バーグマン125/200』を発表した。

V-Strom 1000 ABSは、2012年10月にドイツ ケルンで開催された「インターモト」に出品した大型ツアラー・コンセプトモデルの量産車。快適な乗車姿勢と低シート高、軽量・コンパクトな新設計1037cm3V型2気筒エンジンとアルミ製シャーシを採用したほか、ラジアルマウントフロントブレーキキャリパーとABSを装備。スズキ二輪車初採用のトラクションコントロールは3段階から選択可能とした。スズキの豊川工場で10月より生産開始し、欧州、北米、大洋州などの地域に順次輸出する計画。

新型スクーター、バーグマン125/200は、エレガントなデザインに、快適な乗車姿勢と使い勝手の良い装備を採用。デザイン面では、バーグマンシリーズに共通する、二灯ヘッドおよびテールライトの意匠を継承しながら、フロントおよびリア周りの鋭いキャラクターラインによって、スポーティーさを表現している。また装備類では、視認性の高い多機能メーターや、走行時の風圧を軽減するロングスクリーンを採用し、ABS仕様も設定した。スズキのタイ子会社タイスズキモーター社で9月より生産し、欧州への輸出、タイ国内販売に続き、北米、大洋州など、世界市場向けに順次輸出する計画。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集