【ジャカルタモーターショー13】トヨタ、LCGC適合の小型車アギアをブースにちりばめ展示

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタプエスカンファレンス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタプエスカンファレンス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタプエスカンファレンス(ジャカルタモーターショー13)
  • トヨタプエスカンファレンス(ジャカルタモーターショー13)
トヨタ自動車は、ジャカルタモーターショー13のプレスカンファレンスで『Fun Vii』をはじめ、各種HVなどを紹介した。

技術面でリードすることを主張する一方、ローコストグリーンカー(LCGC:低価格で環境負荷の小さい車種に対する優遇税制制度)適合車の『アギア』をブースにちりばめる格好で、実売につなげる。

ブースの中心にはルマンカーの『TS030ハイブリッド』が台座に乗り展示され、『プリウス』『VIOS』などが所狭しと並んだ。アギアのカスタム仕様も数台展示された。

プレスカンファレンスではさらに、工場生産能力の拡張なども公表した。8月にカラワン第一工場を増強し、インドネシアで年間生産台数を、来年までに25万台まで引き上げる。加えて2016年にはエンジン工場を稼働、これにより年間21万6000台のエンジン生産を可能にするとした。

プレスカンファレンスでは、トヨタのインドネシア市場におけるシェアの高さや好調な販売をアピール。売れ筋の小型ミニバンを中心に、フルラインアップで拡販を図る意向が改めて示された。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

特集