ルノー日産、アフトワズと共同購買会社を設立…ロシア

自動車 ビジネス 企業動向

共同購買会社の設立契約を交わしたルノーとアフトワズの幹部
  • 共同購買会社の設立契約を交わしたルノーとアフトワズの幹部
ルノー日産アライアンスは9月18日、ロシアの自動車最大手、アフトワズとの間で、共同購買会社を設立した。

2012年12月、ルノー日産はアフトワズの株式の51%を取得。事実上、傘下に収めた。2013年6月には、ルノーのカルロス・ゴーンCEOが、アフトワズの会長に就任している。

今回の共同購買会社の設立は、ルノー日産アライアンスとアフトワズのロシアでの購買窓口を一本化し、コスト削減を進めるのが目的。

新たに設立された共同購買会社は、CPO(コモン・パーチェシング・オーガニゼーション)を名乗る。ロシア国内で、パワートレイン関連パーツや、工場の生産設備の調達を開始する予定。

共同購買会社のCEOにはダニエル・ペリー氏を起用。アフトワズの主力ブランド、「ラーダ」の品質や競争力も高めていくとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集