JAF、反射糸を使ったファッションアイテム「スヌード」を発売

自動車 ビジネス 国内マーケット

JAF・Hikariスヌード
  • JAF・Hikariスヌード
  • JAF・Hikariスヌード
  • JAF・Hikariスヌード
  • JAF・Hikariスヌード
  • JAF・Hikariスヌード
  • JAF・Hikariスヌード
JAF(日本自動車連盟)は、反射糸を編み込んだオリジナルアパレルブランド「Hikari」の秋冬向け商品として「スヌード」の販売をJAF通販サイトで開始した。

スヌードとは、マフラーの両端がつながって輪っか状になっている巻き物アイテム。今回販売する「Hikariスヌード」は、島精機製作所の開発したホールガーメント(継ぎ目のない構造)により立体的に編みあげることで、肌触りがよく、自然なボリューム感を演出している。

また素材には、柔らかく温かい豪州産の最高級メリノウールを使用。デザインされた2本のラインには、丸仁で開発された反射編み糸(リフレ)が使われており、日中はラメ感がおしゃれなアクセントに、夜道では車のライトを反射して光り、ドライバーからの視認性を高めてくれる。

色は秋に合う、チャコールグレー/ネイビー、ライトグレー/グレー、マスタード/ネイビー、モカ/ベージュの4色を用意。女性だけでなく男性にもオススメの色を揃えている。

価格は会員が7200円、一般が8200円。いずれも送料込み。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集