フォードの環境エンジン、エコブースト…累計生産200万基を4年で達成

自動車 ビジネス 企業動向

累計生産200万基を達成したフォードの環境エンジン、エコブースト
  • 累計生産200万基を達成したフォードの環境エンジン、エコブースト
米国の自動車大手、フォードモーターは9月16日、「エコブースト」エンジンの累計生産台数が、200万基に到達したと発表した。

エコブーストは、フォードモーターの新世代ガソリン環境エンジン。排気量を縮小したダウンサイジングユニットでありながら、直噴ターボ化することで、環境性能とパワーを両立しているのが特徴。

そのエコブーストの中でも、最もダウンサイジング色を鮮明にしたユニットが、「1.0エコブースト」。直噴1.0リットル直列3気筒ガソリンエンジンに、ターボチャージャーを組み合わせる。最大出力は100psと125psの2種類のチューニングが存在。100ps仕様の場合、CO2排出量は109g/km。125ps仕様でも、CO2排出量は114g/kmと、クラストップレベルの優れた環境性能を実現する。

フォードモーターが、最初にエコブーストを投入したのが2009年。搭載車種の拡大に伴って今回、生産開始から約4年で、累計生産台数が200万基に到達している。

同社のJoe Bakajパワートレイン担当副社長は、「エコブーストはパフォーマンスと燃費を両立。エコブーストがフォードに日々、新たな顧客を呼び込んでおり、我々の工場では需要に合わせるべく懸命に努力している」とコメントした。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集