【NASCARスプリントカップ・チェイス 第1戦】トヨタのケンゼス、プレイオフ初戦に勝利

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マット・ケンゼス
  • マット・ケンゼス
  • マット・ケンゼス
  • マット・ケンゼス
  • 雨による中断
  • カート・ブッシュ
  • ジェフ・ゴードン
9月15日にシカゴランド・スピードウェイで行われたチェイス・フォー・ザ・NASCARスプリントカップの第1戦(ゲイコ400)で、雨による中段などの波乱の中、トヨタのマット・ケンゼスが勝利した。

ケンゼスは第245ラップ目のリスタートでチームメイトのカイル・ブッシュを0.749秒差で抑え切り、チェッカーフラッグを受けた。この勝利はケンゼスにとって今シーズン6度目のもので、カップシリーズ最多、そして彼のシングルシーズンで最多だ。

「僕はいつのシカゴで勝ちたいと思っていたんだ。ここは僕が育ったウイスコンシンからたった2時間くらいの距離にあるので、ここで遂に勝利を手に入れることができてとても嬉しいよ」とケンゼスは語った。

ケビン・ハーヴィックが3位、そしてピットロードでのスピード違反のペナルティーで1ラップ遅れとなったカート・ブッシュが後半に盛り返して4位に入賞した。ヘンドリック・モータースポーツの2名のドライバーである、ジミー・ジョンソンとジェフ・ゴードンがそれぞれ5位と6位に入り、トップ6はポストシーズンに進出したドライバー達で埋められることとなった。

一方、このレースをポールからスタートしたジョエイ・ロガーノはエンジンの故障のために175ラップでリタイアとなり、さらにデール・アーンハート・Jrもエンジントラブルで226ラップ目にリタイアとなった。

ゲイコ400終了後のスタンディング

1. マット・ケンゼス(2063)
2. カイル・ブッシュ(2055)
3. ジミー・ジョンソン(2052)
4. ケビン・ハーヴィック(2048)
5. カール・エドワーズ(2040)
6. カート・ブッシュ(2040)
7. ジェフ・ゴードン(2039)
8. ライアン・ニューマン(2035)
9. クリント・ボウヤー(2035)
10. ケーシー・ケーン(2032)
11. グレッグ・ビッフル(2032)
12. ジョエイ・ロガーノ(2011)
13. デール・アーンハート・Jr(2010)
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集