スターフライヤー、増便した福岡-羽田線の旅客人数が倍増

航空 企業動向

スターフライヤーが発表した7月の利用実績によると、国内線の利用率は前年同月と比べて0.3ポイントアップの62.3%となった。

国内線の提供座席数は、福岡~羽田線を増便したため、前年同期比37.1%増の19万4556席だったのに対して、旅客人数は同37.9%増の12万1230人と大幅に増えた。

北九州~羽田線の旅客人数は同1.3%増の5万4613人で、利用率が1.4ポイントダウンの60.6%、福岡~羽田線の旅客人数が同107.1%増の5万7252人となり、利用率が1.8ポイントアップの62.6%だった。羽田~関空線の旅客人数は同46.9%増の9635人、利用率は5.0ポイントアップの72.3%だった。

国際線の北九州~釜山線の提供座席数が同54.9%増の1万8408席、旅客人数が同24.0%増の1万2086人、利用率が16.3ポイントダウンの65.7%だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集