コマツ、中型ICTブルドーザーを国内市場へ導入…世界初、全自動ブレード制御機能搭載

自動車 ビジネス 企業動向

コマツ・D61PXi-23
  • コマツ・D61PXi-23
  • コマツ(Webサイト)
コマツは、世界初の全自動ブレード制御機能を搭載した中型ICT(情報通信技術)ブルドーザー『D61PXi-23』を、9月より国内市場へ導入開始した。

同機は施工の自動化を担い、作業精度と作業効率の大幅な向上を実現するコマツ製「ICT建機」の第一弾商品。都市土木向け中型ブルドーザーとして、従来の情報化施工でも可能であった整地の仕上げ作業時だけではなく、掘削作業時を含む全てのブレードコントロールを自動化した世界初の全自動ブレード制御機能を搭載し、作業効率の大幅な向上を実現している。国内市場導入は、既に販売を開始している北米、欧州に続き、3番目となる。

今回の市場導入は、情報化施工特有のGNSS測量技術(GPS、GLONASS等)やICT機器管理のノウハウを習得しているコマツのグループレンタル各社およびコマツレンタルから開始。一般顧客にレンタルし、コマツグループの情報化施工のノウハウを活用してもらうことで、現場へのスムーズな導入をサポートしていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集