DRBハイコム、印タタ自動車の正規代理店に

エマージング・マーケット 東南アジア

多角企業のDRBハイコムは9月9日、インド タタ・モーターズの商用車正規販売代理店として認定された。ザ・サンなどが報じた。

9日契約の締結式が行われた。契約の下、DRBハイコムの子会社DRBハイコム・オート・ソリューションは、タタ・モーターズの国内組立生産(CKD)と完成車の正規販売代理店と物流サービスプロバイダーとなる。またUSFハイコム(マレーシア)も技術ライセンスに関する契約を締結した。

DRBハイコムは、契約によりパハン州ペカン工場の稼働促進や流通網の拡大につながると見込んでいる。市場では技術の高い自動車の需要が今後増加すると予想、タタ・モーターズとの契約により質の高い自動車の製造及び販売が出来ると期待している。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

特集