【フランクフルトモーターショー13】ブリヂストン、タイヤ技術の現在と未来

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストン・ブースイメージ
  • ブリヂストン・ブースイメージ
ブリヂストンは、9月10日から22日まで、ドイツで開催される「第65回IAAフランクフルト国際モーターショー」に出展する。

ブリヂストンブースでは「Current(現在)」と「Futuristic(未来)」の2つのコーナーに分けて展示を行い、商品の魅力や技術力、先進性などを来場者にアピールする。

Currentコーナーでは、冬用タイヤや高い操縦安定性と低燃費性能を両立した「TURANZA T001」、低燃費タイヤ「ECOPIA」のほか、空気圧がゼロになっても所定の速度で一定の距離を走行可能な「ランフラットテクノロジー採用タイヤ」などを展示する。

Futuristicコーナーでは、パンクの心配がない「非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)」や狭幅・大径サイズのタイヤ「ologic(ラージ&ナローコンセプト)」、原材料使用量の半減を目指す「ハーフウェイトタイヤ技術」などを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集