【ボルボ S60 T4 SE 試乗】外観はフォーマルに、走りはスムースに…島崎七生人

試乗記 輸入車

ボルボS60 T4 SE
  • ボルボS60 T4 SE
  • ボルボS60 T4 SE
  • ボルボS60 T4 SE
  • ボルボS60 T4 SE
  • ボルボS60 T4 SE
  • ボルボS60 T4 SE
  • ボルボS60 T4 SE
2014年モデルのボルボ車は、全体で一挙に8モデル中6モデルがフェイスリフト。その変更箇所はトータルで4000以上という。

セダンの『S60』も変更を受けた中の1台。『V60』同様に幅広グリルと新ヘッドランプ、バンパーを得たマスクは、横基調の出ザジンが強調され、セダンらしいフォーマルさ、プレーンさが強まった。リヤエンドでは、T4系の2本出しの丸型排気パイプがクロームになるなどしている。

インテリアも『V60』同様にディテール中心の変更を受けた。さらにメーターが、これまでのアナログ2眼式メーターから、V40などと共通の新デザインに変更された。オド/トリップ計など読みたい機能の一部は、場合によってはスイッチで切り替え、呼び出す必要があるのが少々残念ではある。が、実用性、快適性の高さは従来どおり。ワゴンの『V60』とは別モノの後席は、乗員の身体をやや低く沈めた姿勢で(『V60』より)柔らかく支えてくれる、相変わらずセダンらしい快適な仕上がりなのが印象的だ。

試乗できたグレードは『S60 T4 SE』だったが、おそらく従来型オーナーが乗ったら瞬時にわかる、よりスムースな乗り味、身のこなし、音・振動の小ささが実感できた。1.6リットルの4気筒ターボ(180ps/24.5kg-m)は6速デュアルクラッチとの組み合わせで、変速がより的確になり、エンジン性能をより無駄なく引き出している…そんな走りっぷりだった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集