【INDYCAR】フランキッティ、有名ドライバー達のエッセイ集「ロマンス・オブ・レーシング」を発売

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アイルトン・セナのマクラーレンに乗るフランキッティ
  • アイルトン・セナのマクラーレンに乗るフランキッティ
  • 「ロマンス・オブ・レーシング」のカバー
  • ダリオ・フランキッティ
インディカーは9月6日、ダリオ・フランキッティが、元オートスポーツ・エディターのアンディ・ホールベリーとの共著で、モータースポーツの伝説的ドライバー達やヒーローのエッセイを集めた本である「ロマンス・オブ・レーシング」を発売することを発表した。

同書籍は11月に、米国内での販売が予定されている。

「この本は僕の記憶の経路を旅する、素晴らしいものだった。僕にとって困難だったのは、記憶の全てを絞り出して意見を書くことだった。言ってみれば、それは大人がツイッターを使用するようなものだったね。『200文字以内で書いて下さい』という要求は、フアン・パブロ・モントーヤを言葉の合計数をセーブするために、パブロ・モントーヤにするようなものだ」とフランキッティは語った。

この128ページの書籍には、数々の高品質の写真が含まれ、エッセイの主題となったドライバーには、A.J.フォイト、マリオ・アンドレッティ、アレックス・ザナルディ、ギル・デ・フェラン、エリオ・カストロネベス、トニー・カナーン、ポール・トレーシー、ジミー・バッサー、デール・アーンハート・Jr、ナイジェル・マンセル、セバスチャン・ベッテル、ジム・クラークといった豪華な顔ぶれが揃っている。

「最終的に、私は70人そこそこのスペースに、およそ100人の名前と写真を収めることとなった。ダリオの言葉は完璧で、心からのものなので、良い本ができると確信した」と共同著者であるホールベリーは語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集