【INDYCAR】ディクソン、批判的コメントに対して罰金と保護観察

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

スコット・ディクソン
  • スコット・ディクソン
  • スコット・ディクソン
インディカーは9月6日、ドライバーのスコット・ディクソンが9月1日に行われたグランプリ・オブ・ボルチモアのレース後のコメントに関して、3万ドルの罰金と、12月31日までの保護観察処分を科することを発表した。

ディクソンはレースの後にインディカーのオフィシャルと他の競争者を軽蔑したことで、インディカー規則の9.3.1.8と9.3.7に違反したとされている。

9.3.1.8 ‐ 不適当、不敬もしくは軽蔑的な言動を、オフィシャルやインディーカーに関連したメンバーや行動、状況、インディカーシリーズ、またはいかなるイベントに対して使用すること

9.3.7 ‐ もしいかなるメンバーが不適当、不敬もしくは軽蔑的な言動や、特別なオフィシャルを該当者の名前を使用することで言及した場合、そうしたメンバーは最低2万5000ドルの罰金が科せられ、特別な状況によって追加ペナルティーが与えられる

ディクソンはインディカーを代表して公共イベントへの参加をすることで、罰金を精算することができる。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集