サッカーのタイプレミアリーグ、審判員が撃たれ重傷

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】4日午前5時45分ごろ、バンコク都内のタイ・スポーツ庁の宿泊施設で、サッカーのタイプレミアリーグの審判員のタイ人男性(44)が男にけん銃で腹などを3発撃たれ、重傷を負った。

 犯人は別の男が運転するバイクの後部座席に乗り、逃走した。

 けがをした男性は4日に行われるタイプレミアリーグの試合を担当する予定だった。
《newsclip》

編集部おすすめのニュース