【ホンダ フィット 新型発表】Bピラー前方にルーフピーク、躍動感を表現

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ フィット 発表会のようす
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
フルモデルチェンジしたホンダ『フィット』は、世界で通用するクルマにしたいという想いでデザインされたという。

本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室1スタジオの村川淳さんはエクステリアデザインについて、「これまでのフィットは使いやすくて便利で、ちょっと愛らしい感じの方向性でした。新型は、使える、便利さは変えずに、そこにプラスしてクルマらしいダイナミックさや精悍さ、逞しい強さを持ち合わせるようにデザインしました」と話す。

その理由について村川さんは、「世界に通用する存在感や、フィットの良さを世界に広めたいという想いがありました」という。

世界に通用する存在感については、「先代は日本の中でベストなクルマとして考えていましたが、新型は、アウトバーンを走っても(他と)負けないくらいのシルエットを実現しました」と述べる。

具体的にはルーフピークの位置を変えることで表現された。先代は、ユーティリティの高さを表現するために、ルーフピークはBピラーの真上か若干後ろであったのに対し、新型は、ルーフピークをBピラーより前方にし、リアゲートを前傾させることで「動体としての勢いを出し、これまでのコンパクトカーに無いような伸びやかさや躍動感を表現しました」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集