国交省、インドネシア公共事業省と社会資本整備分野の協力で覚書を締結へ

自動車 社会 行政

国土交通省は、インドネシア公共事業省と社会資本整備分野で協力覚書を締結すると発表した。今後、インドネシア政府と連携・協力する枠組みを構築する。

覚書は9月9日、公共事業省で太田昭宏国交大臣とジョコ・キルマント公共事業大臣が署名する予定。

日本とインドネシアは、昨年10月に「ジャカルタ首都圏投資促進特別地域マスタープラン」が両国で承認されるなど、協力関係を重視している。まずインドネシアで遅れている社会資本整備分野で、日本政府が協力、両国の結びつきを強化する。

また、国交省と公共事業省は覚書締結後、社会資本整備に関する課題や取組について情報交換して両国の協力関係を強化するため、建設次官級会合を開催する予定。
《http://www.mlit.go.jp/common/001010492.pdf》

編集部おすすめのニュース

特集