チンクエチェント レーシング、S耐 岡山ラウンドは無念のリタイア

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム
  • ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム
  • ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム
  • ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム
  • ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム
チンクエチェント博物館(愛知県)を母体とする「ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム(mCrt)」が、8月31日・9月1日に開催されたS耐第5戦・岡山国際サーキットラウンドに参戦したが、決勝リタイアとなった。

mCrtは、チンクエチェント博物館代表の伊藤精朗氏がチームオーナーおよび運営プロデューサーを務め、アバルト『695アセットコルセ』(49号車)、アバルト『500アセットコルセ』(50号車)をベースとした車両、2台体制でS耐に参戦している。今回は従来の2台体制から、49号車のみでの参戦となった。

決勝レースは、予想外に低い気温と完全なウェットコンディションでのスタート。ローリングスタート時から強い雨に見舞われ、スタート後10分ほどでセーフティカーが入る波乱の展開となった。スピンする車両も続出する中、49号車もハイドロプレーニング現象によってマシンコントロールが不能となりクラッシュ。3時間のレース中での修復は不可能と判断し、リタイアとなった。

今シーズンのmCrtは、このあと第6戦「鈴鹿サーキット(9月21日・22日)」、第7戦「オートポリス(11月9日・10日)」に参戦する予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集