【フランクフルトモーターショー13】メルセデス CLA、欧州で250シュポルト追加…211psターボ搭載

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ CLA250 Sport
  • メルセデスベンツ CLA250 Sport
  • メルセデスベンツ CLA250 Sport
メルセデスベンツの小型4ドアクーペ、『CLA』。同車に、スポーツグレードが追加されることが決定した。

これは9月4日、メルセデスベンツが明らかにしたもの。「『CLA250 Sport』グレードをCLAに追加設定し、実車を9月10日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー13で初公開する」と発表している。

CLA250 Sportは、日本仕様の新型『Aクラス』に用意される「A250シュポルト」と同じエンジンを積むのが特徴。

CLA250 Sportは、排気量1991ccの直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力は211ps、最大トルクは35.7kgmを発生する。最大トルクは1200-4000rpmの実用域で引き出される設定。トランスミッションは、7速DCT。

足回りには、235/40R18サイズの大径タイヤを装着。専用のAMGアルミホイールを組み合わせる。ブレーキキャリパーは赤で塗装。フロントアクスルやシャシーはAMGがチューニングを担当。AMGの車速感応型スポーツステアリングや専用ESPも採用されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集