コスモ石油、オートリース契約数が7000台を達成、年内に1万台の可能性も

自動車 ビジネス 企業動向

コスモ石油は、オートリース事業「コスモビークルリース」の累計契約台数が8月末に7000台を突破したと発表した。

「コスモビークルリース」は、車検・税金・メンテナンスを含めた「月々定額」で新車に乗れるオートリース商品で、2010年12月からサービスを開始した。

これまでの契約者の新車契約比率は全体の約9割、メンテナンス付き商品の契約比率が約7割となっている。

7月1日から9月30日まで実施中の「特選エコカーご成約で『カーナビもらえる!』キャンペーン」が好評で、6月末に契約台数6000台を超えてから、2カ月後に7000台を突破した。

同社では、2013年度中に「コスモビークルリース」累計契約台数1万台を目指している。このペースで推移すると年内に1万台を達成する可能性もある。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集