国際宇宙ステーション輸送機 こうのとり4号機、ISS分離と再突入日時を決定

宇宙 テクノロジー

国際宇宙ステーション輸送機 こうのとり4号機、ISS分離と再突入日時を決定
  • 国際宇宙ステーション輸送機 こうのとり4号機、ISS分離と再突入日時を決定
  • 国際宇宙ステーション輸送機 こうのとり4号機、ISS分離と再突入日時を決定
JAXA 宇宙航空研究開発機構は、2013年8月4日に種子島宇宙センターから打ち上げられた国際宇宙ステーション補給機『こうのとり』4号機(HTV4)が物資補給を終え、ISSから離脱し大気圏に再突入する日時を発表した。

ISSからの分離は9月5日(木)、日本標準時午前1時ごろを予定。その後、大気圏へ再突入するのは9月7日(土)、15時36分ごろの予定となっている。

HTV4は8月4日の打ち上げ後、8月9日にISSと結合。ISS日本実験棟「きぼう」で実施する実験装置用の補給品、超高感度4kカメラ、ISSで使用する日用品やアメリカ依頼の実験装置などを届けた。また、今回初めて非与圧部にアメリカが廃棄する実験装置を搭載して大気圏に突入する。

昨年打ち上げてミッションを終了したHTV3に続き、HTV4でもIHIエアロスペース開発による再突入データ収集装置『i-Ball』を搭載している。今回も大気圏へ突入する際の位置、速度、加速度、温度、画像データなどを取得する予定だ。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集