近鉄、「つどい」運転開始に先立ち試乗会ツアー実施…10月2・3日

鉄道 企業動向

観光列車『つどい』に導入される専用車両のイメージ。運転開始は10月5日だが、これに先立ち有料試乗会ツアーが行われることになった。
  • 観光列車『つどい』に導入される専用車両のイメージ。運転開始は10月5日だが、これに先立ち有料試乗会ツアーが行われることになった。
  • 『つどい』の車両は座席とテーブルを窓向きに配置し、沿線の景色を眺められるようにする。
近畿日本鉄道(近鉄)は8月30日、観光列車『つどい』の有料試乗会ツアーを10月2・3日に実施すると発表した。

『つどい』は伊勢市~賢島間を結ぶ観光列車で、2000系通勤形電車を改造した専用車両で運転される。10月5日から営業運転を開始するが、これに先立ち試乗会ツアーが行われることになった。

試乗区間は宇治山田~賢島間で、宇治山田駅から乗車するAコースと賢島駅から乗車するBコースの2種類ある。運転時刻は宇治山田11時30分発~賢島12時31分着、賢島15時35分発~宇治山田16時33分着。

主な駅からの旅行代金(大人)は、大阪上本町発着が7190円、近鉄名古屋発着が6800円。参加者には『つどい』のオリジナルグッズなどがプレゼントされるほか、車内イベントスペースで志摩市商工会によるあおさ汁のふるまいがある。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集