大阪市交通局、谷町線30系引退イベントを実施…ヘッドマーク装着や中央線乗り入れなど

鉄道 行政
まもなく引退する30系。10月初旬には廃車になる。
  • まもなく引退する30系。10月初旬には廃車になる。
大阪市交通局は、谷町線に最後の2編成が残る30系の引退に合わせ、10月6日に「さよなら30系」イベントを開催する。開催時間は11時から14時30分まで。

「さよなら30系」イベントは撮影会と特別運転で構成され、撮影会では大日検車場(大阪府守口市)の場内で30系などを撮影できる。特別運転は大日検車場から谷町線を走行して谷町四丁目駅に向かい、中央線に移って森ノ宮駅まで運転する。同駅到着後は中央線の森ノ宮~大阪港間を回送運転する。

参加費は無料だが事前の申し込みが必要。9月2日から15日まで、交通局のウェブサイトで申し込みを受け付ける。

このほか、8月25日から9月29日までの日曜日の6日間、「さよなら30系 Last Run」と題し、ヘッドマークを装着した30系が運転される。運転時刻は大日発10時12分、12時2分、13時52分の八尾南行き3本と、八尾南発11時8分、12時58分、14時48分の大日行き3本。また、9月14日にも事前応募制のイベント列車「30系谷町急行」の運転が予定されている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集