【INDYCAR】デ・シルベストロ、発電所のエンジニアリング普及に協力

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

シモーナ・デ・シルベストロ
  • シモーナ・デ・シルベストロ
  • シモーナ・デ・シルベストロ
  • シモーナ・デ・シルベストロ
  • シモーナ・デ・シルベストロ
KVレーシング・テクノロジーの女性ドライバーであるシモーナ・デ・シルベストロが7月30日にオハイオ州コロンバスで行われたイベントに出席し、30人以上の中学生達と共に、科学や技術、エンジニアリングや数学の重要性を学んだ。

このイベントはオハイオ・エナジープロジェクトの、AEGIS(女生徒が科学に関わる事を活性及び奨励する)と呼ばれるプログラムだ。

No.78のクリーン・エア・エナジーのインディカーを運転するデ・シルベストロは、レースとクリーンなエネルギー、そしてエンジニアリングの間にある関わりについて言及した。そして彼女はアトミックエナジー施設の人員がサービス活動をする際に着用する、保護された安全服を身につけてのアクティビティーに参加した。

「女の子達がプログラムを楽しみ、何が利用可能なのかに興味を持つのを見るのは素晴らしいことね。私は彼女達に、レースではエンジニアが私の後ろで車を速く走れるようにしてくれないと、速く走ることはできないと言いました」と彼女は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集