六本木駅、都営地下鉄利用者のメトロ改札通過サービスを実施…9月27日から

鉄道 行政
六本木駅の改札通過サービスのイメージ。9月27日から開始する。
  • 六本木駅の改札通過サービスのイメージ。9月27日から開始する。
国土交通省と東京都、東京地下鉄(東京メトロ)は7月30日、都営大江戸線の利用者が東京メトロ日比谷線のホームを経由して六本木ヒルズ方面に抜けられる改札通過サービスを9月27日から開始すると発表した。同日開かれた「東京の地下鉄の運営改革会議」で決まった。

東京メトロ日比谷線の利用者は、東京ミッドタウン方面と六本木ヒルズ方面のどちらにも地下から行けるようになっているが、都営大江戸線の利用者が六本木ヒルズ方面に行こうとする場合、いったん外に出る必要がある。

一方、大江戸線改札口と日比谷線改札口は地下通路でつながっており、構造上は大江戸線ホームから日比谷線ホームを経由すれば、地上に出ることなく六本木ヒルズ方面にアクセスできるようになっている。こうしたことから、大江戸線利用者が日比谷線ホームを経由できる体制を整え、雨や暑さを避けて六本木ヒルズ方面に移動できるようにする。

具体的には、大江戸線の改札出口でメトロ日比谷線ホームに入場できる切符を受け取り、これを使って日比谷線の改札に入場。日比谷線ホーム経由で六本木ヒルズ側の改札から出場できるようにする。

門前仲町駅でも今年度末をめどに、大江戸線利用者が連絡改札口を介して東西線のホーム経由で出口を利用できるようにする予定だ。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース