インホイールモーターの新開発マシン、エネルギー変換効率は98%[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

新開発のソーラーカー「PRACTICE」(プラクティス)
  • 新開発のソーラーカー「PRACTICE」(プラクティス)
  • 新開発のソーラーカー「PRACTICE」(プラクティス)
  • 新開発のソーラーカー「PRACTICE」(プラクティス)
  • 新開発のソーラーカー「PRACTICE」(プラクティス)
  • 新開発のソーラーカー「PRACTICE」(プラクティス)
  • 新開発のソーラーカー「PRACTICE」(プラクティス)
  • 新開発のソーラーカー「PRACTICE」(プラクティス)
  • 新開発のソーラーカー「PRACTICE」(プラクティス)
工学院大学が中心となり、自動車関連サプライヤーなどが手がけた新開発のソーラーカー「PRACTICE」(プラクティス)。

最高速度は135km/h、ミツバ製インホイールモーターを採用し、エネルギー変換効率は98%としている。

プラクティスは、2013年10月6日から8日間、オーストラリアで開催されるWorld Solar Challengeに参戦。世界26か国から大学や企業などを母体とした47チームが参加し、オーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの総距離3021kmを走破するタイムを競う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集