北米向けホンダ アコードクーペ 新型にHFPパッケージ…純正で性能アップ

自動車 ニューモデル 新型車
北米向けホンダ アコードクーペ 新型にHFPパッケージ…純正で性能アップ
  • 北米向けホンダ アコードクーペ 新型にHFPパッケージ…純正で性能アップ
  • 北米向けホンダ アコードクーペ 新型にHFPパッケージ…純正で性能アップ
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは7月16日、北米専用車の新型『アコードクーペ V6』に、「HFPパッケージ」を設定すると発表した。

HFPとは、ホンダ・ファクトリー・パフォーマンスの略。米国で販売する一部ホンダ車に純正装着できるパッケージオプションを指す。新型アコードクーペ V6のHFPパッケージは、2012年秋のSEMAショーに出品。その後、実走行テストを繰り返し、今回の市販化が実現した。

新型アコードクーペ V6用のHFPパッケージの内容は、外観に専用エアロパーツを追加。前後とサイドにアンダースポイラーを装着。トランクリッドスポイラーも装着され、精悍さを増した。

足回りには、15mm車高を低めたスポーツサスペンションと19インチのサマータイヤを装備。アルミホイールは、19インチのHFPデザインとなる。インテリアは、赤いイルミネーションや専用フロアマットが特徴。

新型アコードクーペ V6のHFPパッケージは、限定500セットを発売。価格は車両価格にプラスして、4620ドル(約46万円)。他のホンダの新車同様、3年間、走行5万8000kmのメーカー保証が付帯する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集