【プジョーRCZ 試乗】非日常感覚のスタイル、気骨ある走りは健在…島崎七生人

試乗記 輸入車

【プジョーRCZ 試乗】非日常感覚のスタイル、気骨ある走りは健在…島崎七生人
  • 【プジョーRCZ 試乗】非日常感覚のスタイル、気骨ある走りは健在…島崎七生人
  • 【プジョーRCZ 試乗】非日常感覚のスタイル、気骨ある走りは健在…島崎七生人
  • 【プジョーRCZ 試乗】非日常感覚のスタイル、気骨ある走りは健在…島崎七生人
  • 【プジョーRCZ 試乗】非日常感覚のスタイル、気骨ある走りは健在…島崎七生人
  • 【プジョーRCZ 試乗】非日常感覚のスタイル、気骨ある走りは健在…島崎七生人
  • 【プジョーRCZ 試乗】非日常感覚のスタイル、気骨ある走りは健在…島崎七生人
  • 【プジョーRCZ 試乗】非日常感覚のスタイル、気骨ある走りは健在…島崎七生人
  • 【プジョーRCZ 試乗】非日常感覚のスタイル、気骨ある走りは健在…島崎七生人
スーパージェッターがマッハ15で乗りこなしていた“流星号”。話が見えない世代の方には恐縮だが『プジョーCRZ』は登場時から“流星号”に見えた。往年のアニメが描いた未来の乗り物のような、見るからに非日常感覚のスタイルだからだろう。

フェイスリフトモデルも、もちろんそのイメージは不変。最新のプジョー顔に歩調をあわせ、幾分か温和な表情に。とは言え“ダブルバブルルーフ”“アルミナムアーチ”や、電動で昇降するリヤの“アクティブスポイラー”など、ならではのディテールは健在だ。

インテリアも資料によれば、これまで左ハンドル車のみだった小径革巻きステアリングと大型マルチファンクションディスプレイの採用ほか小改良を実施した、という。が、このあたりは従来型オーナーなら気づくといった差だ。低くゆったりと構えたポジションの前席や“+2”の王道を行く後席など、従来と変わらない。ハッチゲート式ではない、独立した十分な容量のトランクも同じだ。

試乗車は右ハンドル(156ps/240Nmの1.6リットルターボ+6速AT搭載)だったが、走りは従来どおり。洗練度の点ではより新しいモデルに一歩譲るのは事実だが、スポーツカー寄りのやや硬質な乗り味と、スッと舵を効かす身のこなしが堪能できる。6100rpmからゼブラゾーンが始まるエンジンはよく回ってくれ、とくに3000rpm以上では、空気の脈動を増幅させエンジン音に演出を加える装置の存在も手伝って、気骨あるサウンドが響く。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集