フェラーリ、社員の電子メールを制限…異例の通達

自動車 ビジネス 企業動向

ラ・フェラーリ(ジュネーブモーターショー13)
  • ラ・フェラーリ(ジュネーブモーターショー13)
  • ラ・フェラーリ(ジュネーブモーターショー13)
  • ラ・フェラーリ(ジュネーブモーターショー13)
  • フェラーリ ラ・フェラーリ(ジュネーブモーターショー13)
イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリ。同社が社員に対して、異例の通達を出していたことが分かった。

これは7月3日、フェラーリが明らかにしたもの。同社は、「全従業員に対して、電子メールは1件につき、最大3名までにしか送らないように求める通達を出した」と発表している。

多忙なビジネスの現場では、1度に何十人へ同報メールを送るケースはよくあること。ところがフェラーリは、この同報メールを最大3名までに制限するよう、社員に求めた。その狙いは何か。

今回の通達の目的は、社員同士が直接コミュニケーションを取る機会を増やすのが狙い。フェラーリによれば、コミュニケーション手段をメールに頼ると、意思疎通がうまく行かない場合が多く、かえって仕事の効率を悪化させ、時間を無駄にすることにつながるという。

フェラーリは、「社員には文書のやり取りを減らし、もっと会話をして欲しい」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集