JX日鉱日石、法人向けテレマティクスサービスの実証を開始…クルマとSSを専用Wi-Fiでつなぐ

自動車 テクノロジー ITS
サービスイメージ
  • サービスイメージ
  • 画面イメージ
JX日鉱日石エネルギーは、クルマとサービスステーション(SS)を通信させる法人向けテレマティクスサービス「ENEOS(エネオス) EVIS(エビス) Biz(ビズ)」の実証を、Dr.Driveセルフ小平店で7月より開始すると発表した。

同社は、「クルマが定期的に立ち寄る」SSの特長を活かし、来店時にクルマとSSを通信させるテレマティクスサービス「ENEOS EVIS Biz」を開発。同サービスでは、法人管理者およびドライバーへ、運転実績やメンテナンス情報等の車両情報を提供。従来の携帯電話回線ではなく、SSに設置した専用Wi-Fi設備を使用することで、通信費の大幅な削減を実現する。

実証では、SSでの給油時に自動取得した車両・運転データを分析し、評価を実施することで、エコ運転や安全運転等に役立つ情報や車両管理に関する情報を顧客に提供していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集