【メルセデスベンツ Eクラス 発売】E250アバンギャルドで法人需要を狙う

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Eクラス
  • メルセデスベンツ Eクラス
  • メルセデスベンツ E250 アバンギャルド
  • メルセデスベンツ E250 アバンギャルド
  • メルセデスベンツ E250 アバンギャルド
  • メルセデスベンツ E250 アバンギャルド
  • メルセデスベンツ E250 アバンギャルド
大幅なマイナーチェンジが施されたメルセデスベンツ『Eクラス』のメインモデルはE250アバンギャルドであるという。

メルセデス・ベンツ日本商品企画・マーケティング部商品企画2課の渡辺彬さんによると、「E250アバンギャルドはEクラス全体の3割から4割の台数を想定し、新規、特に法人需要を狙うモデルとして位置づけています」と同車試乗会会場で話す。

リース契約を想定すると、免税であることやマイナーチェンジによる商品力アップで残価が高くなっていると渡辺さん。「5年リースを組んだ場合、おそらく国産競合とほとんど変わらないか、場合によっては逆転する金額になることもありそうなのです」とし、国産上級モデルや輸入車競合モデルからの代替を想定。

マーケティング活動でも、これまではオーナーを中心にDMを送るなどで訴求を図っていたが、今回は方針を変え、国産車や競合他社のオーナーを強く意識し展開していると語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集