ZMP、CANデータのクラウド構築サービス対象車種にマツダ デミオ を追加

自動車 テクノロジー ITS

マツダ デミオから取得した車両情報
  • マツダ デミオから取得した車両情報
  • システム構成図
ゼットエムピーは6月27日、車載CANデータをスマートフォンやタブレット端末経由でクラウドにリアルタイム送受信可能なシステムを構築する「車載CANデータ・クラウド・システム構築サービス」をマツダ『デミオ』に対応し、提供を開始した。

同サービスは、同社のCANデータ送受信機「ZMP OBD2/CAN-B」と、スマートフォン/タブレット端末およびクラウドサーバ「Windows Azure」の設定作業から構成される。これにより、車両情報を3GやLTEなどの公衆回線経由でデータベースに蓄積し、リアルタイムに受信・モニタリングができるようになる。

これまで、トヨタ『プリウス』シリーズ、トヨタ『アクア』、ホンダ『フィット』シリーズ、日産『ノート』を対象としていたが、ユーザーのニーズに応えるため、デミオへの対応を行った。

価格は19万8000円。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集