アウディ、「e-ガス」工場をドイツに開業…人工メタンガスを市販車に利用

自動車 ビジネス 企業動向

アウディのe-ガス工場
  • アウディのe-ガス工場
ドイツの高級車メーカーで、フォルクスワーゲングループ傘下のアウディは6月25日、「e-ガス」工場をドイツ・ヴェルルテに開業した。

e-ガスは、人工メタンガスのこと。アウディは2013年3月、ジュネーブモーターショー13において、『A3スポーツバック gトロン』を初公開。同車は、新型『A3スポーツバック』をベースに、燃料をメタンガスに対応させたモデル。

アウディは2011年から、e-ガスプロジェクトを推進してきた。このプロジェクトの成果を反映させた最新モデルが、A3スポーツバック gトロン。人工メタンガスは、A3スポーツバック gトロンの燃料として活用される。

この人工メタンガスは、風力発電によるクリーンエネルギーを利用し、電気分解で作り出した水素とCO2を混ぜて生産される。アウディはドイツ・ヴェルルテ工場で、年間1000万トンのe-ガスを生産する計画。

アウディの車両開発責任者、Heinz Hollerweger氏は、「我々は未来のモビリティに向けて大きな一歩を踏み出した。アウディはこのような先進技術を持った世界で唯一の自動車メーカー」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集