ボーイング、最初の737MAXの納入予定を2017年第3四半期に定める

航空 企業動向

ボーイングは6月19日、サウスウエスト航空に最初に納入される『737MAX 8』が、当初の予定よりおよそ3カ月早く、2017年の第3四半期に行われることを発表した。

「我々の737MAX開発チームは、納入に際しての技術的なリスクを回避することに成功した。我々としては、この燃費に優れた航空機を顧客に早く納入できることを喜んでいる」とボーイング商用航空機の飛行機開発部門の副社長兼とゼネラルマネージャーであるスコット・ファンチャーはパリ航空ショーの中で語った。

737MAXのチームは2011年の8月以来続けてきた、CFMインターナショナルLEAP-1Bエンジンやデザインし直されたテイルコーン、進歩した技術を持つウィングレットといった、改良部分の最終設定をこのたび決定した。

737MAXの市場開発副社長、ジョー・オジメク氏は737MAXはその同クラスにおいて最良のシングル・アイル航空機であることを強調している。「737MAXは『A320neo』より8パーセント燃料効率に優れ、より遠くまで飛べる。この事実は、我々の顧客にさらなる価値をもたらすだろう」と彼は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集