エアバス、GMFエアロアジアでインドネシアにおけるメンテナンストレーニングを実施

航空 企業動向

GMFエアロアジアとのメンテナンス訓練合意
  • GMFエアロアジアとのメンテナンス訓練合意
  • GMFエアロアジアとのメンテナンス訓練合意
エアバスは6月18日、GMFエアロアジア(GMF)とガルーダ・インドネシア航空におけるメンテナンスと修理補助で、5年間の戦略的協力関係を結ぶことを発表した。

この一部として、GMFはエアバスのインドネシアにおける地域メンテナンス訓練センターとなる。そしてこれは、ファーンボロでの昨年合意に至った、最初の了解である協同署名を確定するものである。

このパートナーシップはインドネシアにおけるメンテナンス訓練機能を開発するもので、GMFとエアバスの尊敬すべき強度と資産を資本としている。この協定はエアバスの訓練の基礎を柔軟に、より良いコスト効率で地域に運ぶ。

・ GMFの指導をエアバスの世界的メンテナンス訓練施設と統合
・ エアバスのA320とA330 航空機メンテナンスにおける、タイプ訓練機能を開発
・ タイプと基本的メンテナンス訓練の為の、インドネシアのEASAの147の了解を有効にする
・ GMFの「アブ・イニシオ(基本)」訓練機能の開発

GMFエアロアジアの社長兼CEOであるリチャード・バディハディアント氏は、「このエアバスとの共同ベンチャーは我々のメンテナンスと修理、点検(MRO)サービスを助け、エアバスの高い基準とメンテナンス訓練における最新の技術をもたらす。これは我々の最初に必要な訓練にとっての基本であり、ガルーダ・インドネシア航空が拡大するにおいてインドネシアにおける市場基本の未来の必要事項となる」と語った。

またエアバス顧客サービスの常務取締役副社長、ディディエ・ラックス氏は、「エアバスはこのGMFエアロアジアとのサインと協力関係をとても喜んでいる。この長期間の存続経験は我々の尊敬すべき強さを結びつけ、顧客に奉仕するだけでなく、育ちつつあるインドネシアの市場にエアバスの協力関係を加速させるものである」と語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集