東武野田線60000系運転開始…ファミマカラーの新車、今年度中に6編成増備

鉄道 企業動向

今年度中に6編成増備される予定の東武野田線用60000系
  • 今年度中に6編成増備される予定の東武野田線用60000系
  • 今年度中に6編成増備される予定の東武野田線用60000系
  • 東武野田線 8000系
  • 東武野田線 10030系
  • 60000系柏駅出発式に参列した大島麻衣
  • 東武野田線 8000系 (60000系柏駅出発式)
  • 今年度中に6編成増備される予定の東武野田線用60000系(左)
  • 東武野田線60000系運転開始…ファミマカラーの新車、今年度中に6編成増備
東武野田線柏駅で開催された新型車両60000系の出発式。同社常務取締役鉄道事業本部長・牧野修氏は、「今年度中に60000系をさらに6編成追加する。来年度以降も順次増備していきたい」と話した。

「野田線は、都心への乗換えルートがたくさんある、利便性の高い路線。柏駅と船橋駅に今後、当社初のホームドアシステムを設置する予定だ」(牧野氏)

また、「野田線の電車は42本あるが、その大半が8000系。現在、この新型60000系2本に加え、最近転入してきた10030系と、3種類の形式が野田線に走っている」と同社。

10030系は、伊勢崎線や東上線で使用されていたステンレス車両。野田線用10030は、帯の色が赤茶色から、新型60000系と同様の青+黄緑のツートンに変更された。

この青+黄緑のツートンカラー、大手コンビニ店舗のカラーリングに似ていることから、一部では「ファミマカラー」とも呼ばれている。
《大野雅人》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集