【INDYCAR 第9戦】ハンター=レイが混戦を制して優勝、琢磨7位

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ライアン・ハンター=レイ
  • ライアン・ハンター=レイ
  • ライアン・ハンター=レイ
  • ライアン・ハンター=レイ
  • ライアン・ハンター=レイ
  • ライアン・ハンター=レイ
  • ライアン・ハンター=レイ
ミルウォーキー・マイルで行われたミルウォーキー・インディフェストで、No.1の車を運転するディフェンディングチャンピオンのライアン・ハンター=レイが後半のレースを支配し、優勝を果たした。

32才のハンター=レイは合計250ラップの内の198ラップでトップを走っていた佐藤を捕らえ、オーバーテイクした後は2位のエリオ・カストロネベスに4秒809の差をつけてフィニッシュすることとなった。

このレースの最後の2連続勝者は、トニー・カナーンがアンドレッティのチームで2006年と2007年に優勝したものである。

「チームは素晴らしい仕事をしたね。僕達はレース全体で異なったレベルのバランスやグリップのレベルに対応し、僕達はただそれにしがみついただけだ。そしてレースの終わりには、自分達が何をすべきかを知っていた。なんてすばらしいレースだ!」とハンター=レイは語った。

ハンター=レイはこのレースの前に、チャンピオンシップポイントで27ポイントリードするカストロネベスを捕らえようとしていた。その彼は次の週にチーム・ペンスキーの車で、トップのカストロネベスから13ポイントを詰めて次戦に挑む。

ミルウォーキー・インディフェストの結果

1. ライアン・ハンター=レイ(シボレー)
2. エリオ・カストロネベス(シボレー)
3. ウィル・パワー(シボレー)
4. E.J.ヴィソ(シボレー)
5. ジェームズ・ヒンチクリフ(シボレー)
6. スコット・ディクソン(ホンダ)
7. 佐藤琢磨(ホンダ)
8. デリオ・フランキッティ(ホンダ)
9. ジャスティン・ウィルソン(ホンダ)
10. トニー・カナーン(シボレー)
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集