【INDYCAR】カストロネベス、単純なミスが違反行為へ導かれた

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

エリオ・カストロネベス
  • エリオ・カストロネベス
  • エリオ・カストロネベス
  • エリオ・カストロネベス
  • エリオ・カストロネベス
ファイアストーン550の勝者であるエリオ・カストロネベスの運転した車が、レース後の検査で技術的検査違反行為となっていたことが発覚し、インディカーシリーズから罰金と処分を受けるように通達された。

チーム・ペンスキーのNo.3の車はルール14.6.6.14(アンダーウィング)の違反により、3万5000ドルの罰金と15の参加ポイントを引かれることとなる。

「僕はとてもショックを受けた。僕達にとって勝てたことは素晴らしく、この勢いをもって今後のレースに臨んでいく」とカストロネベスは語り、さらに「不幸なことに、それは少しのミスだった。クルーは皆とても忙しく、スタッフはストリートカーをロードコース用に変えることは大変な労力を必要とするからだ」と語った。

合計228ラップで競われる1.5マイルのテキサス・モーター・スピードウェイのレースにおいて、カストロネベスは132ラップをリードし、ライアン・ハンター=レイをオーバルで4.6秒遅れにする結果を出していた。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集