パナソニック、テスラ向けリチウムイオン電池セルの累計出荷1億個を達成

エコカー EV

テスラ モデルS
  • テスラ モデルS
  • テスラ・モデルS
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、2013年6月で、テスラモーターズの高級EVセダン『モデルS』向けリチウムイオン電池セルの累計出荷1億個を達成すると発表した。

モデルSは2012年から米国で納車が開始され、斬新で高級感溢れるデザインと長い航続距離等の高いパフォーマンスが評価され、今年2万台以上の販売が見込まれている。

パナソニックでは、地球環境保護への意識の高まりを背景に、今後急速に拡大することが予測される環境対応車用二次電池の開発ならびに事業を強化。テスラには、高級スポーツ車『ロードスター』を皮切りに、現在はモデルS向けの電池セルを供給しており、EV用の次世代リチウムイオン電池セルの共同開発を進めるなど、これまで複数年にわたり協力関係を築いてきた。

モデルSに搭載されているセルは、同社独自技術による業界トップクラスの高エネルギー密度と性能をベースに、電気自動車用途に求められる品質、寿命に最適化した設計としている。これらの電池セルは、テスラによってバッテリーパックに仕上げられ、モデルSの500kmという優れた航続距離の実現に貢献している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集