【INDYCAR】ブリスコー、最初の勝利を手にしたレースで復帰

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ライアン・ブリスコー
  • ライアン・ブリスコー
  • ライアン・ブリスコー
  • ライアン・ブリスコー
  • ライアン・ブリスコー
6月11日、ライアン・ブリスコーがパンサー・レーシングから今週末に行われるミルウォーキーでのレースに復帰し、No.4ナショナル・ガードの車を運転することが明らかになった。

ブリスコーは2008年に行われた同レースでチーム・ペンスキーの車を運転し、インディカーシリーズでの初勝利手にした。

彼は6月1日と2日の両日に行われたシボレー・インディデュアル・イン・デトロイトにパンサー・レーシングからエントリーをして、また先月のインディアナポリス500ではチップ・ガナッシ・レーシングチームの車でレースをスタートした。

「我々はライアン・ブリスコーが、今週末に戻ってくることにエキサイトしている。デトロイトで数週間前に彼と働けたことは素晴らしく、彼は明らかにミルウォーキー・マイルを熟知している。だから我々はナショナル・ガードのシボレーで、良い週末を持つことができると感じている。我々は今季の他の幾つかのレースで彼と契約するように働きかけており、近いうちに契約を結ぶことができることを望んでいる」とパンサー・レーシングの共同管理者、ジョン・バーンズ氏は語った。

先週末にテキサスでパンサー・レーシングでのデビューを飾ったオリオール・セルビアは、6月23日に行われるアイオワ・スピードウェイでのレースでNo.4の車を運転し、競技することが確定している。

「デトロイトで一緒に働いた時に、チームは良い繋がりを持ったと感じている。今週末のミルウォーキーでもすぐに(デトロイトで)終えたところから仕事を始めることができると確信している」とブリスコーは語った。

ブリスコーは彼のインディカーシリーズのキャリアにおける107回のレースで、13回のポールポジション獲得と7回の勝利を記録した。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集