【ベントレー フライングスパー 発表】後席の居住性向上でコンチネンタルGTから独立

自動車 ニューモデル 新型車

【ベントレー フライングスパー 発表】後席の居住性向上でコンチネンタルGTから独立
  • 【ベントレー フライングスパー 発表】後席の居住性向上でコンチネンタルGTから独立
  • 【ベントレー フライングスパー 発表】後席の居住性向上でコンチネンタルGTから独立
  • 【ベントレー フライングスパー 発表】後席の居住性向上でコンチネンタルGTから独立
  • 【ベントレー フライングスパー 発表】後席の居住性向上でコンチネンタルGTから独立
  • 【ベントレー フライングスパー 発表】後席の居住性向上でコンチネンタルGTから独立
  • 【ベントレー フライングスパー 発表】後席の居住性向上でコンチネンタルGTから独立
ベントレー『フライングスパー』は、『コンチネンタルGT』の4ドアという位置づけから脱却し、新しいアイデンティティを持たせたクルマだという。

ベントレーモーターズジャパンPR・マーケティングマネージャーの横倉典氏は、「既存のフライングスパーでも、コンチネンタルGTの延長でもない。全くそこから離れた新しいセグメントの新しいクルマとして、他のベントレーシリーズとの違いを明確にしたかったのです」と新しいアイデンティティを持たせた理由を述べる。

新型フライングスパーが新たな路線を選んだ理由について横倉氏は、マーケットからの要望からだとする。先代フライングスパーは、コンチネンタルGTのホイールベースを伸ばした4ドアサルーンで、コンチネンタルGTの延長線上であったが、マーケットの声は違ったのだ。「もっと快適性や実用性など、コンチネンタルにはない新しい特徴を持ったクルマを作ってほしいという要望があったのです」。先代フライングスパーはスピードモデルであったため、後席の快適性は決して良くはなかった。さらにベントレーはエグゾーストノートを室内にも入れるような演出をしていたため、後席を主に使うユーザーからは不評であった。

「後席の快適性は、ユーザーニーズによってリファインさせました。静粛性、快適性、実用性を重視して改良したのです」と横倉氏。「最高の素材と、最高のテクノロジーを盛り込みながら、スペーシャスで静かでリラックスできる空間に仕上がっています」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集