「まるで未来の電車」…沿線住民もそわそわ 東武野田線60000系デビューイベント

鉄道 エンタメ・イベント

東武野田線 60000系デビューイベント 船橋駅
  • 東武野田線 60000系デビューイベント 船橋駅
  • 東武野田線 60000系デビューイベント 船橋駅
  • 東武野田線 60000系デビューイベント 船橋駅
  • 東武野田線 60000系デビューイベント 船橋駅
  • 東武野田線 60000系デビューイベント 船橋駅
  • 東武野田線 60000系デビューイベント 船橋駅
  • 東武野田線 60000系デビューイベント 船橋駅
  • 東武野田線 60000系 七光台車両基地
東武野田線で9日、「野田線新型車両60000系デビューイベント」が開催され、鉄道好きや沿線住民などを乗せた60000系団体列車(大宮発・船橋発)が七光台車両基地へ向けて走った。

「側灯滅、よし」。船橋9時13分発の列車は静かにホームを離れる。これまで8000系の独断場だった野田線。今回投入されたこの新車は、省エネ・軽量・低騒音などを売りにするモデルで、8000系に比べ電気使用量を約40%削減するという。

船橋発の団体列車には、鉄道好きやファミリーのほか、女性2人組みなどの姿もあった。千葉県在住30代の女性は、「小さいころから慣れ親しんだ野田線に、新しい車両が走ると聞いて、すぐ(このイベントツアー)に申し込んだ。いつも乗っている電車から比べると、未来の乗り物みたい」と話す。

中学2年生の男子は、「野田線には伊勢崎線などの本線で活躍した車両のお下がりしか入ってこないと思ったら、こんな新車が登場して、うれしいというかまだ実感がないというか」とこぼしていた。

乗る人、見送る人で混雑した船橋駅ホームには、「新型車両導入イベントは初の企画 歓迎 東武鉄道船橋駅管区駅員一同」と記された横断幕を掲げる駅員や、「運転室乗車特認証」という腕章を付けた社員の姿があった。
《大野雅人》

特集